FreeHand.+ Type.B

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【コラム】パケット使い放題プランと通信規制

いわゆるパケット通信定額制が始まって結構月日が経ちましたが
いまや2段階制というプランはメジャーになり、EMなどでは携帯電話と通信データカードと
二つ持っているとデータ通信の月額使用料金が0円からというプランも出ています。

そんな中12月からドコモも『パケ・ホーダイ シンプル』というプランを立ち上げる模様。
ただしこのプランに入る為には『タイプシンプル (バリュー)』と言う基本料金プランに
乗り換えなければならない。
どうせだからセットにしたほうがシンプルだったと思ったりする方もいるかもしれないが、
iモード機能やメール機能を使わなければiモード使用料金月額315円を払わなくてすむので
バリュープランでなおかつ割引制度が最大になると月額780円+(ユニバーサル料金数円程度)ですむ事になる。

パケ・ホーダイシンプルの内容としては基本料金0円から始まり、上限が

iモード利用時 月額4410円
フルブラウザ利用時 月額5985円
パソコンと接続したデータ通信 月額1万3650円


と言う形になっている。
1パケットの料金は今までと同じく0.084円
5985円を超えると0.021円づつ加算されていく。

無料区間がなくなって損だという感じを受けたりもするが、現在のパケ・ホーダイダブルは
無料区間の通信量に掛かる料金と基本料金の値段が同じである。
いわゆる使わないと損な無料区間である。
なのでこの料金プランは真にお得なプランとも言えるだろう。

そしてこのプランの目玉は『メール使いホーダイ』である。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20091027_324635.html
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/091027_01.html
記事を読む限り、シンプルプランとパケ・ホーダイシンプルに加入すると
どんなメールを送ろうが無料と言う太っ腹プランである。
昨今のtwitterブームやブログでの更新などに積極的に写真を使ったりできるし、
PCユーザーとの長文のやり取りも負担にならなくなるのである。
ひょっとしたらメッセンジャー代わりに使えるようになるかも…。
と言っても現在すでにチャットメールという機能があるのでそれがより活発、
進化していくと思われる。


っと、ここからコラムの本題です。

各社携帯電話会社が通信量規制を行う中、なぜ新たにこういうプランができたのだろう。
それはおそらくデータ通信であってもメール通信は回線負荷にやさしいからであろう。
その上いくら使い放題とは言え、メールで送る容量はたかが知れている。
2000×1500ピクセルの携帯電話で撮影した写真データも500kb程度である(N-04にて)。
またメールは一旦メールサーバーに蓄積され、リアルタイムに通信が行われないので
回線負荷のコントロールが楽になっているのかも知れない。
故に採用された新固定料金プランだと思われる。

今までは無料区間を設け、使わなければ損!
と言うプラン作りを行い、結局上限に達しなかったり、無料部分を使い切らないユーザーからの
月額料金の収益で儲かっていたのが、
データ通信料金固定プランにより大容量コンテンツの時代になり、結果としてそういうマージン商法
のバランスを崩された皮肉な結果が起きたのだと思う。
ならば今度はデータ通信を負荷の掛からない形で使いたくなるようなプランを作ろう!
と言うのが思惑かもしれない…。

似たような動きでイーモバイルは2段階制の料金プランを最近発表した。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20091029_325115.html
これはそこそこの通信量であれば料金が半額で済む仕組みである。
315MBまではスーパーライトプランよりも安いが、それを超えると
ギガデータプランと同等の料金が上限になると言うプランである。
これもそこそこ使いつつ、データ量を気にする、節約する意識を刺激しそうな料金プランである。

以上自分の脳内での勝手な推測コラムでした。
スポンサーサイト

テーマ:携帯電話 - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2009/11/01(日) 16:57:30|
  2. 携帯電話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WILLCOM3Gという選択肢

ということでツイッターでも呟いていたのですが、液晶モニターを探していたら
最終的にモバイル通信端末の買い物っぽくなっていた時に得た情報などつらつら書いてみる。

自分は祖父祖母の家が結構田舎だったり写真を撮ったりする場所が田舎だったりと
通信が厳しい所などに行くのですが、頻度はそれほど高くなく、今まではW-ZERO3adesなどで
まかなっていました……。
が、やはり最近のWEBコンテンツはいかんせんスピードが必要な昨今、
W-SIMの最大204kbpsでは辛くなってきました…。
204kbpsといってもこれはアンテナ4本使った最大値ですから田舎などではそんなに出ません。
イーモバイルの端末もあったので試してみたのですがぎりぎり圏外でした…。

ちなみに東京に行ったとき、都心周辺の屋内でも通信が不能に…イーモバイルは通信速度が速くて良いですがエリアは主要箇所しか強くない印象を受けました。

そんな中、スピードはだいぶ残念ですがPHSよりかは早く、なによりエリアがDOCOMOなのでエリアにほぼ死角がなく、プロトコル無規制のWILLCOM3Gに白羽の矢がたったのでした。

実際ビックカメラで計測した際は速度は400kbpsあたり…
単純な測定方法の計測サイトで1Mbpsあたりという成績でした。
ちなみにアップロードもよくするのでそちらも計ったところ256kbps…DOCOMOの3Gの制限が384kbpsなのでいい成績かな。
でも3G系のデータ通信のアップロード速度は各社とも調子がよいですね。
下りに比べ、帯域に余裕があるからでしょうか…。

ともあれそんなことをしていながらWILLCOMのスタッフにいろいろ聞くと
W-VALUE割引が一括でも使えるとのこと…
これは初耳…
つまり一括払いしても24ヶ月の945円割引は残ると言う…
それをPRINのプロバイダー料金945円/月にあてれるとのこと。
つまり真の月額0円~プランができるようです。

と言っても端末代金が22000円ほどするのですが、一括で購入すると
ビックカメラポイントが2千ポイントほど入るし、あとキャンペーンで1000円の商品券がもらえるとのこと。
分割の場合は解約時残りの端末料金を払うので最終的に払う金額は変わらないが、ポイント等つかないので
一括のほうがちょっぴりお得と言う計算になるようです。

テーマ:WILLCOM - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2009/10/20(火) 19:21:18|
  2. 携帯電話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Willcom 新料金プラン発表

新トリプルプランですがどうやら法人用プランだったようです;;
加入条件も同一プラン3台以上…とのことでした。


早速料金プラン変更で選べなくて、アレ…?
とおもったら…そう言うことでした…(泣

むむむむむ……
魅力的なプランだけに個人にも回して欲しいです…


ウィルコム、おサイフケータイや新定額サービス発表
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/43671.html


新料金コース・オプションサービスの提供について
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2009/01/22/


Willcomから新しい定額料金プランの発表がありました
中身を読んでみると…むむむ!!なかなかよさげな感じですね

新しいプランは3つあり

新ウィルコム定額プラン … 月額基本使用料 2,900円(税込)
新トリプルプラン … 月額基本使用料 1,900円(税込)
新通話パック … 月額料 1,050円(税込)


と、なっていました。

新ウィルコム定額プラン
は今までのウィルコム定額プランにデータ定額を足したようなプランで
パケット料金の上限がなんと2800円
データ定額での上限が3800円だったので1000円も値段が下がっています
しかもPCに繋いででの上限も変わらない!!とのことです
これは大きい!!
今までのデータ定額プランだとPCに繋いだ場合の上限は6300円
だったのでかなりお得です。

自分は普段携帯として使って、偶の長期外出でPCに繋いで通信しまくる使い方のタイプなので
とても嬉しい値段設計です。

このプランは今までの定額プラント同じく、ウィルコム同士の通話は24時間無料になっていて
メールも無料となっています

次に新トリプルプランですが
こちらはウィルコム同士の通話が24時間無料ではなく、21時~1時までの通話料が無料ではない
と言う時間帯定額プランになっています
家でくつろいでいる、つまり一番電話をかける時間帯に通話料がかかる代わりに
月額使用料が1000円安くなると言うことですね
ビジネス利用の人はこちらが良いと思います。

さらにそういう定額制のためか、新ウィルコム定額プランより通話料が安くなっています。
特に他社携帯電話への通話料が

 新ウィルコム定額プラン新トリプルプラン
ウィルコムへ無料 10円/30秒
他社携帯電話13.125円/30秒10円/30秒
一般加入電話へ10.5円/30秒10円/30秒

と、通話料が一律10円/30秒となっています
自分は主に通話する相手が他社や固定電話ですので
コッチのプランの方がしっくりきますね。

それに夜の通話は家の電話やPCにてスカイプやメッセンジャーなどがあるので
Willcom、それもW-Zero3を使うような人はみなこのプランにしそうな気がします(思うだけ

最後に新通話パックですが、これは上の2プランを加入した上で追加できる
いわばオプションパックです
加入すると2,100円分の無料通話分が提供されます。
使い切らなかった分は同一請求の他の契約者と分け合えるとのことです
ただ注意としてパケット通信料には適用されないとのことです

いわゆる他社携帯や固定電話にも良くかける人への救済オプションでしょうね
パケット料金は元々準定額ですし利益率のバランスから対象外になったのでしょう

今回の新プランを見ると、実にデータ通信と通話プランとのバランスが取れた
良い感じの料金プランに仕上がっている気がします。

今までの料金プランは通話かデータか…とはっきりばっさりと分けられていた気がしますし。
スマートフォンの発展と普及によってこういうプランの方針になってきたのでしょうね。

新料金は2月5日から開始の事です

気になるのは縛りのシステムですが…どうなるかな……

テーマ:W-ZERO3 - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2009/02/16(月) 13:14:36|
  2. 携帯電話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手回し発電機

前回『w-zero3 ades の乾電池充電器を何とかする
の記事で乾電池による充電の方法を紹介しましたが
今回はさらにせっぱ詰まった状況に対応するため、手回し充電器の記事をば………

しかしades使いで乾電池が手に入らないような場所や状況で運用するというのは
あまり無いかもしれないですが;;
(電波状況の関係や活用する特性から考えて都会やある程度発展した場所で使用している方が
多いと思います……思うだけです;;もし使っている人が居たらスイマセン;;)

とりあえずある状況としてはバリバリに通信する用事が外出先で急に出来て
乾電池の予備もなくなり、電話の待ち受け用の電池の持ちが怪しくなってきた
みたいな状況を予測して(ぉ

色々手回し発電機を探してみましたがどれも大型ですし、さらに
携帯電話への充電ケーブルはAUやDOCOMOなど有名所用しかついていません
コネクターもDCコネクターを使った物が多かったです……

そこで前回の乾電池式充電器のように充電ケーブルへの接続が
汎用のUSBで行われている物は無いかと探しました…
そうするとすごく簡易的なまさに充電するだけの代物と、ラジオ、ライトなどが付いた
一般的なスペックでありながら小型の物を探すことが出来ました

一つは本当にモーターとハンドルとUSBが付いているだけの品なのですが
オークションでしか見つけることしかできませんでした…

そしてもう一つは防災守護神という
センチュリーから発売されている品です
手回し充電器の付属品

ほどよい大きさで内蔵バッテリーも搭載しているとのことで早速注文して使ってみました
ades用USB-DCコネクタ変換ケーブル接続
結果は言わずもがな普通に充電できました。

USB経由で本体に充電するとき
付属のUSB-DCコネクターケーブルはUSB経由で内蔵バッテリーに充電したり
本体のUSBに刺して先っぽに各社携帯電話のアタッチメントを付けると言う感じです

ただ…一つ残念だったのは携帯電話への充電は手回しでしか出来ないと言うことです
内蔵バッテリーに充電しておいてそれ経由で充電と言うことがどうも出来ない様子でした…

あと、必至に回しているのに充電されないなぁ…とおもったら本体充電スイッチが
入っていなかったりしました;;
不注意なのですがいかんせん本体のスイッチの刺している所が初見では解りづらいと思います
手回し充電器スイッチ
と言うのもスイッチにいくつか筋が通っているのですが、それがそれぞれのモードを刺している模様でした。
左から『携帯電話充電』『本体充電』『AMラジオ』『TV/FMラジオ』と4つ印があるのですが
スイッチ側の筋は4本あり
一番左側に寄せると『携帯電話充電』と『AMラジオ』に筋が指しているようです
左から2番目になると『本体充電』と『AMラジオ』に?
3番目は『AMラジオ』だけ?
4番目は『本体充電』と『TV/FMラジオ』に合わさっている??
ようでしたが実際に本体に充電されるのは左から2番目だけのようでした
ハンドルを回すと解りますが、充電されているときとそうでないときでかなり重さが変わります…
ですが、充電されていないときもそこそこウェイトがかかってくるので
勘違いして一生懸命回したのが無駄になるので注意です

その他の機能として9V角電池経由で携帯電話に充電したり
本体へPCなどのUSB経由で給電できる機能
方位磁石やサイレン、赤LED点滅、LEDライトが付いていました
方位磁石と9v角電池コネクタ

他にも良い物があるかもしれませんが私のお薦めとしてはUSB経由の出力がある品を
おすすめ
したいです
USBコネクターとDCコネクター
というのも最近USB経由で…という商品が沢山出ているので
将来的にコネクターの形状が変わったり、色々充電したい機械が出てきても
本体を買い換えなくてもUSB変換ケーブルさえ有れば何とか出来ると言う
安心感があります。

w-zero3 ades の乾電池充電器を何とかする
にて乾電池をあきらめ、バッテリータイプを選ばなかったのも、汎用品である単三電池を
使用できるという理由がありました。
エネループを利用したのも、いざ充電寿命がきても直ぐ替えがききますしね

と言うことで永く使う物のお買い物は色々組み合わせや将来性を考えて買うと
色々目的も絞れて楽しいかもしれません

テーマ:W-ZERO3 - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2009/01/14(水) 19:34:08|
  2. 携帯電話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

w-zero3 ades の乾電池充電器を何とかする

先日少し遠出をする予定があったのですが
w-zero3 adesの電源問題に苦労しました

外出先にて充電をする環境が無く、手持ちのサードパーティー制の
大容量予備バッテリー(スペック:3.7V 2400mAh 型番:EA-BL15)
も使い切る勢いでした
通信などをするとあっという間に減りますねぇ;;

と言うことでコンビニなどでは各種携帯電話用の乾電池充電器が置いてあるのですが
Willcomの、しかもその中でも特に特殊なades用の充電器などは置いてありませんでした

USBからの給電が出来ればよいのですが、adesはPCなどとデータリンク状態でないと
給電されないという仕様です………

と言うことで無い物はパーツの組み合わせで作ろうと言うことにしました
最近はUSBから充電するタイプの機器が増えているせいもあり
USB端子が付いていて、そこから先にアタッチメントを付けると言う乾電池充電器が売っていたりします
購入したのはAU用の乾電池充電器(RBBUR02)
USBアタッチメント部分はAU使いの方に譲りました、PCのUSBに接続して充電できたようです
そして合わせてサンヨーのエネループを同時購入です
AU用の乾電池充電器とエネループAU用の乾電池充電器説明書

さて、これに
USB-ades用ACコネクター変換ケーブルを取り付けます(ADSU)
使用したのはサードパーティー制のものでヨドバシに売っていたものです

ades用乾電池式充電器っぽいもの
と言うことで完成しました
早速取り付けたところ順調に充電され、満充電されるまで給電されました
とても良い感じでした

ただこの方法は他社の製品を組み合わせて使うトリッキーな方法なので
何か不具合が起きるかもしれません


おまけとして
HLI-BL15XL(3.7V 3200mAh)と言うさらに大容量なバッテリーが出てるみたいですね
一回の充電で再充電やバッテリー取り替えの回数が減り、連続稼働が必要な時とかに
重宝しそうです

また外側をスリムなままに保ちたいと言うときは
HLI-BL15SL(3.7V 1,600mAh)と言う標準バッテリーサイズながら
若干容量の大きいバッテリーも出ているようです

私の使用している大容量予備バッテリー(スペック:3.7V 2400mAh 型番:EA-BL15)
は機体から外していても単体でUSB経由で充電が出来るのが良い感じですね
ただ少し自然放電が多い気がします

テーマ:W-ZERO3 - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2009/01/07(水) 11:06:11|
  2. 携帯電話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。